かわいい窓

一戸建てに住むメリットとして、庭がある事が挙げられます。自宅の庭に樹木や花を植えたり、バルコニーを設置したり等、自分の生活スタイルや趣味に合わせて設計できるところが魅力であると言えます。特に樹木や花を植えて、緑溢れる庭にする方が多く見受けられます。しかし、樹木や花は生き物です。管理を怠ると綺麗な庭を維持できないのです。 樹木を管理する中で欠かせないのが、植木剪定です。植木剪定とは、人間で言う散髪のようなものです。植木剪定を行うことで、見栄えを良くし、植木の成長をコントロールするのです。しかし、ただ植木を剪定すれば良いという訳ではありません。樹木には樹種により剪定時期が異なるので注意が必要です。花芽が付いている樹木を剪定してしまうと花が咲かなくなってしまうのです。したがって、樹種によって剪定時期をずらしながら植木剪定を行う必要があります。その樹木にとって良い時期に剪定する事が大切です。

植木剪定は年に二度行うことが基本です。樹木により異なりはしますが、花が咲き終わってから剪定し、その半年後に整える程度に剪定をするのです。しかし、年に二度も植木剪定する時間が無い。そんな方は、花が咲き終わった後に行う植木剪定を、強剪定にする事により、回数を減らす事が可能です。忙しく剪定を何度も出来ない方にはおすすめです。 もう一つ、植木を管理していく中で欠かせないのが灌水です。植木には定期的に灌水をしないと、枯れてしまいますので注意が必要です。夏場の暑い時期には、朝と夕方の二回灌水をする必要があります。忙しくて灌水する事が出来ない方は灌水装置を設置すると便利です。灌水装置は、小さな穴の空いたホースを庭中に這わします。そのホースに水を流す事で小さな穴から水が飛び出し、植木へ自動的に灌水する事が可能なのです。蛇口を捻っておくだけなので簡単な作業です。外出している方の為に、近年では灌水タイマーという便利な装置もありますのでおすすめです。