素敵な家

ウッドの持ち味

マンション

家周りにウッドデッキを設置して、素足で庭に出る。こんな生活してみたいですよね。天気の良い日なんか最高だと思いますよ。ウッドデッキの外構工事をする上で、重要なのはウッドデッキ材だと思います。ウッドデッキ材には、ニ種類存在しています。一つは、ソフトウッドです。主に、ホームセンター等で販売されているSPF等の非常に軽いデッキ材です。物も安価ですし、軽いので作業効率も大幅にアップします。しかし、このような軽いデッキ材は腐りやすいというデメリットがあります。二つ目は、ハードウッドと呼ばれるケヤキや栗の木等のデッキ材です。これらは、非常に丈夫で長持ちします。しかし、ソフトウッドに比べると価格が高くなります。このように、外構工事でウッドデッキを設置する際には、デッキの持ちが良いハードウッドがお勧めです。

ウッドデッキを設置する際に、使用する二種類のデッキ材を紹介しましたが、近年人気が出てきたデッキ材が存在します。それは、人工木と呼ばれるデッキ材です。人工木は、近年様々な外構工事に使用されるデッキ材で、主に店舗の床やマンションのベランダ等で使用されています。人工木の最大の魅力は、腐らないですし、色落ちしない部分であると言えます。したがって、半永久的に使用できるのです。また、紙やプラスチック等を再利用して製造されていますので、非常にエコな商品であり、価格も安価です。ウッドデッキと言うと、木目調のデッキ材が想像されますが、この人工木は、木目調の他に、石を並べたかのようなデッキ材やモダンに見えるデッキ材等があり、個性豊かなデッキを造る事が可能なのです。このように、人工木は、先に挙げましたハードウッドに負けないぐらいのメリットを持ち合わせています。今後も、この人工木を使用される方や外構工事業者が増加する事は間違いありません。

庭木のケア

玄関の外

庭木のケアは家の外観を美しく保つ上でとても重要な事です。市区町村のシルバー人材センターの利用などが便利です。また、伐採だけでなく、草刈りや庭木の選定を行う場合はガーデンプランナーなどを利用するのもひとつの手です。

植木の剪定

かわいい窓

植木選定は樹木の管理という庭にとって必要な作業のひとつです。植木剪定は年に二度行うことが基本です。また、潅水なども定期的に行う事が大切です。植木へ自動灌水するシステムもあります。

オススメリンク